診療案内 guidance

診療科目のご案内

小児科一般

小さな子どもは周囲の影響を受けやすく、季節の変わり目やちょっとした環境の変化で体調を崩してしまうことが多く見受けられます。まだ喋ることができなかったり、身体の異変を上手く伝えることができなかったりというケースでは、保護者の方もどうしたら良いのか分からず戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。
お子様に見られる症状には様々なものがありますが、多いものとしては以下のようなものが挙げられます。小児科ではお子様の幅広い症状に、きめ細やかな診療で対応いたします。

  • 発熱
  • 喉の痛み
  • 吐き気・嘔吐
  • 鼻水・鼻詰まり
  • 発疹
  • 下痢

生後3か月以内の赤ちゃんの発熱は重大な感染症の場合がありますので、すぐに医療機関で診療を受けるようにしてください。

アレルギー科

アレルギーには様々な種類があり、お子様の体質や外部環境要因の影響を受けてアレルギー症状が起こります。
当院では、一般小児科疾患の診療の中でアレルギー疾患の診療も行っておりますので、以下のような疾患が疑われる場合はご相談下さい。

  • 食物アレルギー
  • ぜんそく
  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症

卵・乳製品・小麦・甲殻類など、身近な食べ物によって湿疹や嘔吐などのアレルギー症状が出ることは珍しくありません。他にも大気汚染やダニ、ほこりやペットの毛などがアレルゲンとなって、アトピー性皮膚炎やぜんそくなどを発症する危険性があります。

小児神経専門医

当院の副院長は、小児神経専門医でもあります。小児神経専門医は、「成長発達期にけいれん、運動、知能、感覚、行動、言葉やこころの問題などの神経系機能障害をおこす病気の診療に必要な知識・技能・経験を持っている」と日本小児神経学会が認定した医師のことです。

歩き方がおかしい、手足の力が入らない、言葉が出てくるのが遅い、集団行動ができない、友達とのけんかが多いなどの症状が見られる場合は、脳・神経・筋肉に障害がある可能性があります。
診療では発症までの経緯やそれまでのご病気をお伺いし、必要な場合は保護者の方の同意を得た上で保育園・学校の先生からも普段の様子を伺うこともあります。また、お子様の行動を実際に拝見し、脳波検査や血液・画像検査の必要性も検討します。

日本小児神経学会HPより一部抜粋

感染症

小児は一般に免疫力が弱く、また集団生活を送ることなどから、感染症にかかる機会が多くなってしまいます。よく知られているものではインフルエンザやウイルス性胃腸炎、RSウイルス感染症、溶連菌感染症などが挙げられます。

感染ルートには、病原体に汚染された物体・食品・汚物などによる接触(経口)感染、咳・くしゃみなどの飛沫粒子を介する飛沫感染、病原体が空気中を漂うことによる空気感染などがあり、注意を払って生活していても感染しまうことがあります。
当院では、必要に応じ抗原迅速検査や血液検査を行い、原因の特定、重症度の判定に役立てております。

乳幼児健診

乳幼児健診(さいたま市では乳幼児健康診査と呼んでいます)は、お子様の健康と健全な発育を守ることを目的とした市の健診事業です。お子様の成長に合わせて段階的に実施され、それぞれの健康診査の対象年齢に達する前に保健センターから通知が届くようになっています。
市が受診を強く推奨している健診であり、さいたま市にお住まいの方は無料で受診が可能です。ただし、無料で受診できる期間は決まっていますのでご注意下さい。当院では火曜日の午後14時より乳幼児健診を行っております。受診をご希望の方は、お電話にてご予約下さい。

血液検査/レントゲン

当院では血球計算機やCRP測定器といった医療機器を使用し、貧血度合いのチェックや感染症の重症度判定、治療効果判定に役立てております。アレルギー検査において、アレルゲンの特定のために血液中の抗体の量を測定する際にも血液検査は行われます。
また、いつまでも咳が止まらない場合やぜんそく治療の効果が得られない場合などに、胸部レントゲン検査は効果を発揮します。実は異物を飲み込んでいたために咳が出続けていたり、聴診では気付かれなかった肺炎が見つかったりと、身体の中をみることで真の原因が判明するケースがあります。

予防接種

定期予防接種

市町村が実施する定期予防接種は国からも受診が奨励されており、法定接種期間内であれば公費負担で受けることができます。病原菌が人体へ侵入するのを阻止するための「免疫」をあらかじめ作ることで、病気にかかりにくくなったり症状が重くならずに済むといったメリットが得られます。

当院で実施している予防接種には、肺炎球菌、インフルエンザ菌b(ヒブ)、B型肝炎、ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ(四種混合)、ジフテリア・破傷風(二種混合)、BCG、麻しん・風しん(MR)、水痘、日本脳炎、肺炎球菌(高齢者)があります。ご希望の方は事前のご予約をお願いいたします。

任意予防接種

任意予防接種は自費負担となりますが、定期予防接種に指定されていない疾患に対する予防接種を受けることができます。当院ではロタウイルス、インフルエンザ、おたふくかぜ、B型肝炎(定期接種外の年齢)の予防接種を行っています。

予防接種には2つの役割があり、1つ目は自身を病原体から守ること、そして2つ目は集団感染を防ぐことです。より多くの人が予防接種を受けて免疫をつけておくことで、たとえ集団の中の一人が感染しても流行を阻止できるのです。お子様が保育園などで集団生活を送る前に接種しておくことをお勧めします。

  • 採用情報 Recruit

About 医院情報

048-686-1660

はとり小児科医院
〒337-0015 埼玉県さいたま市
見沼区蓮沼1145-7

※木、土は午前のみ
※火曜午後は14時~乳幼児健診のため、16時より診察

予防接種:午前10:00~11:00
月・水・金の午後14:00~(要予約)

休診日:日曜・祝祭日

Contact お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 048-686-1660

Access / Schedule アクセス・診療スケジュール

はとり小児科医院
〒337-0015 埼玉県さいたま市見沼区蓮沼1145-7
TEL:048-686-1660

※木、土は午前のみ
火曜午後は14時~乳幼児健診のため、16時より診察
予防接種:午前10:00~11:00、月・水・金の午後14:00~(要予約)
休診日:日曜・祝祭日

Google MAP で見る